国立国際医療研究センター(NCGM)バイオバンクからの
試料等の提供をご希望される
利用者のみなさまへ

試料等の提供は「分譲」と「共同研究」いずれかの流れになります。
「分譲」と「共同研究」のどちらが適切であるかについては、
事前の相談と提案をさせていただくことがあります。ご了承ください。

試料等の配布(提供)のあり方には、
「分譲」と「共同研究」の
2通りがあります。

分譲

試料等を利用する研究について審査(NCGMバイオバンク検体利用審査会議による審査)を実施するうえで必要となる最小限の研究内容は求めますが、当該研究の成果は分譲先に帰属するものを指します。なお、分譲では、カスタマイズした試料等の収集を診療科の協力を得て検討することも可能です。

共同研究

試料等の提供を行う上で、NCGMと共同研究契約を結ぶものを指します。NCGMバイオバンクは、NCGM側のカウンターパートの選定など、仲介役を担います。この場合、NCGM側の共同研究者に試料等の配布を行います。なお、共同研究では、試料等提供者の診療を行っている診療科の協力が得られます。

ご利用の手順

利用者
お問い合わせ

「試料保有状況調査依頼書」にご記入いただき、NCGMバイオバンクのお問い合わせ窓口(NCGMバイオバンク事務局)に提出ください。調査後、結果をお知らせいたします。

試料保有状況調査依頼書
調査結果の報告
NCGM
バイオバンク事務局
事前相談

利用者のご要望や、試料等提供の実現可能性等を踏まえて、NCGMバイオバンク検体利用審査会議の審査申請や実費等について詳細を協議します。また、これと並行して「試料等配布契約書(MTA)」の雛形を基にした内容修正などもご検討いただくことになります。

審査結果に
問題がある場合
再度、協議が
行われます
申請書を提出

「研究提案書(兼)バイオバンク検体利用審査会議 審査申請書」にご記入・ご提出ください。

研究提案書(兼)バイオバンク検体利用
審査会議 審査申請
NCGMバイオバンク
検体利用審査会議
審査

以下の観点から審査します。

  • 1. 研究計画内容の科学的妥当性と実行可能性
  • 2. 試料等配布先の適格性(技術能力、研究実績ほか)
  • 3. 試料等の質や量からみた妥当性
審査結果に
問題がない場合
以下、各ケースによって利用の流れが異なります。
利用者
NCGMバイオバンク
検体利用審査会議の承認通知の受領
倫理審査委員会
試料等の配布を受ける当該機関に
おける倫理審査申請と承認

以下の書類をNCGMバイオバンクへご提出ください

  • 1. 当該機関による倫理審査承認通知
  • 2. 当該機関の倫理審査委員会の委員構成
NCGM
バイオバンク事務局
NCGMバイオバンクから
NCGM倫理委員会へ報告
NCGM
倫理委員会
試料等提供契約(MTA)の締結

試料等配布
研究終了後の報告

成果等の報告提出義務はありませんが、試料等をご提供いただいた方々や一般の方々に研究事例という形で情報提供を行うため、公開可能な範囲で情報のご提供にご協力お願いいたします。(NCGMバイオバンク事務局から年1回程度で確認の連絡を差し上げる可能性があります。)

利用者
NCGMバイオバンク
検体利用審査会議の承認通知の受領
倫理審査委員会
主となる機関の
倫理審査委員会による承認
NCGM
倫理委員会
NCGM倫理委員会への審査申請と承認
(NCGMの共同研究者による申請)
共同研究契約の締結

研究終了後の報告

成果報告やその取扱いについては、共同研究契約書において定めることになります。

●各種資料